抜け毛を増やさないシャンプーの方法とは?

シャンプーをするときに抜け毛が多いと感じてしまうのは、シャンプー時に頭皮や髪に負担がかかっているからです。

 

髪は1日に約100本は自然に抜けると言われていて、洗髪時に髪が抜けるのはごく自然なことなのです。

 

ですが、抜け毛を必要以上に増やさないために、刺激を与えないような洗髪方法に変えることも大事なポイントです。

 

特に、髪の長い女性は髪が絡まった状態で洗髪するだけで、髪が引っ張られ抜けやすくなります。

 

頭皮と髪に負担をかけないことで、洗髪時の抜け毛の量はかなり変わっていきます。
正しい洗髪方法で抜け毛を抑えましょう。

 

抜け毛対策に必要な正しい洗髪方法

 

洗髪前にしっかり予洗いで頭皮と髪を濡らす

あまり濡れていない状態でシャンプー剤をつけると泡立ちも悪く、髪と頭皮に負担がかかります。
しっかりとお湯で頭皮と髪を濡らすようにしましょう。
ただお湯で濡らすだけでなく、プラスして頭皮を揉むようにマッサージするとより効果が期待できます。

 

シャンプー剤を泡立てる

シャンプー剤を直接頭皮に載せるのはNG!まず手のひらや泡立てネットなどを使ってシャンプー剤を泡立てましょう。
シャンプー剤は刺激が強めなので、泡立てた後に頭皮につけることで髪の摩擦など負担が減ります。

 

シャンプー剤は頭皮を中心につける

ついつい髪につけてしまいがちですが、頭皮を中心に泡立てたシャンプー剤をのせていきましょう。
爪をたてず、優しく指の腹をつかってマッサージするように揉み込みます。

 

たっぷりのお湯ですすぎをしっかりと

シャンプー剤が頭皮と髪に残らないように、しっかりとすすぎましょう。もういいかな、と思った状態からさらに1、2分すすぐのが理想です。
洗い流しは、頭皮環境の悪化から抜け毛を招く原因になってしまうので、すすぎはかなり重要です。(参考サイト:女性 薄毛 シャンプー

洗髪前と洗髪後に気をつけたいこと

洗髪前
まず髪を濡らす前にブラッシングで髪の絡まりを解きましょう。
そうすることで、目立つホコリなども落ち、シャンプー時に髪が絡まりにくくなります。
髪が長い方は、下から順にブラッシングし、絡まった箇所を無理やりちぎらないようにしましょう。

 

また、ブラシを頭皮強くあてたり、髪を無理に引っ張ることは厳禁です。

 

洗髪後
タオルドライで水分を拭き取ります。この時、ゴシゴシしないよう髪を抑えるように水分を拭き取りましょう。
濡れた状態の髪はデリケートなので、ブラッシングは髪が乾いた後に行うことが大切です。
ドライヤーも髪から10センチ以上は離して当てましょう。

 

PR:ドクターリセラ 乾燥
40代女性に今支持を得ている人気の美容液

更新履歴